「製造工程の見える化の鍵」- インプロセス測定データの活用によるゼロディフェクト生産の追求 その3

【その3】「見える化」を、スピーディに進め期待した効果をあげるには、何のために、何のデータを、どの様に収集して、収集データから改善の手掛りを見つけるか、がポイントになります。
このウェビナーでは、製造工程の見える化を、いかにして品質改善や不良低減などの効果につなげるのか、圧入工程を例にインプロセスの荷重測定データの活用の成功のポイントをご紹介します。
3.「見える化」の壁と成功の鍵(2):センサを取り付けてテストデータを取得するところから、生産設備での運用を進める中で、実際に起こりがちな問題点、停滞させる要因を「壁」としてご紹介するとともに、壁を取り払うためのポイントと解決策を製品デモを交えてご紹介します。
⁻ 壁②テストデータの収集・整理と分析
視聴時間16:28
※この動画は2021年4月28日に実施したウェビナーを収録・編集したものです。